東京にあるクリニックで鼻翼縮小術を行いました

二つを組み合わせた施術

鼻翼縮小術には鼻翼を小さくする鼻翼基部皮膚切除や、幅を縮める鼻孔底皮膚切除があり、この二つを組み合わせた施術を利用することができると言われました。
同時手術するのが良く、幅が広い人は鼻尖や鼻孔などの幅も広くなっているので、鼻翼幅縮小だけを行うと幅広間が助長されるようになり、鼻孔が広がったようになりがちだそうです。
同時に鼻翼軟骨のトリミングなどを行うことによって、鼻尖の幅が縮小しバランス良く小さくなるようです。
施術を受けると全体的にバランスの良いデザインにするそうで、いろいろなタイプの鼻に対応できると言われました。
鼻翼基底幅は広くないが鼻翼幅が広い場合、鼻翼基部にそって皮膚を切除し小鼻の張り出しや丸みを軽減することができるそうです。
鼻翼基底幅が広い場合、鼻孔底を切除し鼻翼基底幅を狭め、内側に移動するため鼻翼基部に切開を入れるそうです。
鼻翼幅や鼻翼基底幅の両方が広かったり、鼻尖の高さが低いか下垂しているので鼻翼幅が広く見える人にも対応でき、この場合鼻翼基部や鼻孔底の皮膚を切除し張り出しや鼻翼基底幅を縮小するようです。
東京のクリニックではできるだけ改善するため、鼻翼基部の皮膚切除にプラスして鼻翼の皮下を剥離したり、脂肪組織や筋肉をできるだけ切除しているそうです。
説明を一通り聞いたので、正式に依頼することにしました。

鼻の穴の横幅が広い二つを組み合わせた施術長年のコンプレックスが消えた